HOME > 鬼束ちひろ > プロフィール

PROFILE プロフィール

鬼束ちひろ

1980年宮崎県生まれ。 高校時代、ジュエルを聴き感銘を受けたのをきっかけに、歌を作り始める。卒業前に受けたオーディションでその才能を認められ、卒業後上京し創作活動に専念。後の布石となる多くの楽曲をこの時期作り上げる。

2000年2月シングル「シャイン」でデビュー。 2枚目のシングル「月光」がTVドラマ「TRICK」の主題歌に抜擢されロングヒットを記録。11月シングル「Cage」、2001年2月シングル「眩暈 /egde」とリリースを重ね、 3月初のアルバム「イムソムニア」がオリコンチャート初登場第一位となる。 初の全国ツアー「CHIHIRO ONITSUKA LIVE TOUR2001」、夏には各地のロックフェスに出演。ピアノと彼女の歌のみ、というシンプルながらも力強いライヴ パフォーマンスは、ロックファンにも深い感動を与えた。12月「眩暈」で日本レコード大賞作詞賞を受賞。 2002年3月アルバム「イムソムニア」で日本ゴールドディスク大賞、ロック・アルバム・ オブ・ジ・イヤーを受賞。名実ともに、彼女の音楽が日本中に浸透した。

精力的なリリース、ライヴ活動を続け、2002年初の武道館でのライヴも実現するが、 過密スケジュールにより体調を崩し休養状態となる。 レコード会社、所属事務所とも移籍し2004年10月シングル「育つ雑草」をリリースするも再度休養状態に。

2006年曲作りをスタート。小林武史プロデュースのもとレコーディングを開始。 2007年3月「AP BANG!東京環境会議」に出演。 5月約2年7ケ月ぶりとなるシングル「everyhome」をユニバーサル・ミュージックA&M RECORDSよりリリース。個人事務所NAPOLEON RECORDSで本格的に活動を再開。9月シングル「僕等 バラ色の日々」、10月31日4年10ケ月ぶりとなる4枚目のアルバム「LAS VEGAS」をリリースし見事シーンに復帰。 2008年4月26日4年8ヶ月ぶり一夜限りの単独公演が大反響となり大型野外フェスへ参戦。 プロデューサーに坂本昌之を迎え8月シングル「蛍」映画『ラストゲーム 最後の早慶戦』主題歌、 LIVE DVD「NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS」 リリース。 2009年5月「X / ラストメロディー」期間限定生産リリース、7月「帰り路をなくして」、9月「陽炎」、10月5枚目のアルバム 「DOROTHY」をリリース。

2010年4月28日10年の軌跡をたどるベストアルバム「”ONE OF PILLARS” ~BEST OF CHIHIRO ONITSUKA 2000-2010~」をリリース。

2011年4月6日フォーライフミュージックエンタテイメントよりシングル「青い鳥」、4月20日には6枚目のアルバム「剣と楓」をリリース、同20日はじめての本となる自伝的エッセイ「月の破片」を幻冬舎より発売予定。

【More Information】鬼束ちひろオフィシャル・ホームページ
www.onitsuka-chihiro.jp

LINEで送る